将来のために

個別指導の塾に通いませんか?:中高生のための英語に強い個別指導塾おすすめガイド

私が子供の頃、英語の授業が導入されるのは中学校からでした。小学校の間は英語に触れる機会はなく、家でなんとなく聞きかじった言葉の意味を両親に聞いていたくらいのものです。
しかし、学歴社会とグローバル社会化というふたつの事柄から現在では小学校から英語の授業を始めるようになり、すでに導入されている学校はたくさんあります。将来的なことを考えれば正しい選択だとは思いますが、果たして上手く行くのかといったことは些か不安ではありますね。

早くから英語を習うこと自体は非常に有用な手段だと思います。社会にでると英語が必要になる場面は多く、特に大きな企業では最早必須とも言えるものです。社内の公用語が英語ということで一時期話題になった会社もありましたが、海外との取引が多い会社、外国人労働者の多い会社では必然的に英語を使うことになるでしょう。
日本人は英語が苦手だといいますが、それは全くその通りのことであり、特に英会話はかなり苦手としているものです。学校や塾などで習う英語は受験のために必要なもので、読み書きがメインになっています。実際、塾では英会話の授業は行いません。
学校や塾で英語の基礎を身につけるのはいいことだと思いますが、英会話を身につけなければ意味がないでしょう。

そこで注目されるのが英会話スクールです。英会話スクールは今その数を大きく増やしていて、その種類も豊富です。塾との併用は難しいと思いますが、幼稚園などの幼い頃から生きた英語に触れておくというのはとても有利に働くと思います。
塾のように学校の学習補助としては英会話スクールは向かないと思いますが、これからの将来を考えてみると英会話スクールを利用することはメリットの多いことだと思いますよ。